スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お嬢様はアホでいらっしゃいますか?

ドラマにはまってます。

『謎解きはディナーのあとで』


連続ドラマを連続で見るなんていつ以来やろう。

もしかしたら、『金田一少年の事件簿(堂本剛)』以来かもしれん(笑)



身分を隠した刑事のお嬢様「宝生麗子」。

難事件と思われる犯罪をあっさり見抜く洞察力を持つ執事「影山」。
ついでにドS&毒舌



この設定に惹かれました(笑)

見て思ったのですが、


戦闘シーン無しの『黒執事』みたい。


セバスチャンもやっぱり『ドS&毒舌』。



殺人事件が主ですが、生々しい描写も無く、

前回では、刺された花嫁は死にませんでした。

また、風祭警部の存在がコメディ色を高めていて、ちょいと笑いながら見れます。

謎とき時のシーンは、事件の進行と現在を行き来する従来の見せ方ではなく、

回想シーンに影山と麗子が割り行って推理したり、

回想シーンがそのまま現在に繋がったりと、

面白い描写で見せてくれるので飽きません。
(言葉での説明はしづらいけどな^^;)





たいくつな火曜日のテレビ欄に楽しみが増えました(´∀`)





20111110.jpg

画力とか以前に、お嬢様じゃなくてキャバ嬢に見える罠(笑)




一度でいいからナイフを投げて欲しい(笑)
人気ブログランキングへ
(・∀・)イイネと思ったら1拍手お願いします
スポンサーサイト

インテル 入ってる 僕モテるぅ

あのレッドカーペットレギュラーになりました。


水曜の22時から。

高知で言う『こうちさんさんテレビ』で。


そしてきましたね~狩野英孝





『インテル 入ってる 僕モテるぅ』




新ネタ。

狩野ワールドやね。


世界のナベアツは等身大の映像パネルを使って2人でアホに(笑)。

いくら相手が自分とはいえ、タイミングがしっかり合っているのが驚きでした。

この3の倍数のときアホになるネタは、意味を理解できれば世界中の誰もが実践できるらしく、

Youtubeのアクセスが結構すごいらしいです。


一応2クール(半年)だけの穴埋め的番組らしいですが(今田こうじ曰く)、ゴールデン入りしてくれてもいいのに・・・。



19時から『ヘキサゴン』

20時から『はねとび』

21時から『ベストハウス』

22時から『レッドカーペット』



なかなかバラエティー色がそろってしまいましたね。

フジテレビの狙いかな?






ハイキングウォーキングが脳内ランキングで上昇中。

ポチッと応援お願いします

年末年始のお笑い事情

年末年始のTVはバラエティー番組連発でした。

数あるお笑い芸人の中で、その辺から知って自分のお気に入りになってしまった芸人をちょっと挙げていきます。

ちなみにほとんど、『爆笑レッドカーペット』もしくは『ピンクカーペット』で知りました。



髭男爵

貴族(?)のコスプレをした、緑のメガネのひぐち君とシルクハットと髭の山田ルイ53世の2人組み。

ショートコントの前に必ず、

『ルネッサ~~~ンス』

と、片手に持ったワイングラスを客と交わす。

彼ら曰く、ショートコントではなく「ショートコンツェルン」

『○○やないか~~い』

と、お互いのワイングラスを 



チン  



と当てるという妙な突っ込み。

男爵の、

『事情が変わった』

『逆に聞こう。何が面白い』


は笑いどころ。

山田ルイ53世の、なんともいえない低く陽気な声とその容姿から、「貴族」という設定がよく生きている。



狩野英孝

栄光を可能にする男。狩野英孝(かのえいこう)。

ピン芸人で、自称イケメンホストが様々な職業で起こすショーコント。

「イケメン」「ナイスガイ」という言葉にかけて笑いを起こす。

・ラーメン屋店主

『ラーメン つけ麺 僕イケメン!』

・運転手

『A面 B面 僕イケメン!』

・カメラマン

『効果てき面 僕イケメン!』

『側面 正面 僕イケメン!』


まぁ、この文章上だと意味が分からないんでYoutubeとかで見てもらえるとよく分かります。

『おーい!

   スタッフー! 
   スタッフ――っ!!』


は、名言。



アントキの猪木

アントニオ猪木の物まねをするピン芸人。

猪木本人のことをよく知らないのだが、似てるという事はわかる。

だが、物まねをするだけではない。

猪木本人がプロレスでない仕事をした場合のショートコント。

ガソリンスタンド店員・コンビニ店員・カーナビになった場合。

本人に似てる事と、緩急ある話し方と間の取り方が相まって面白い。

有名なセリフである、


『元気ですかーっ!!』

にかけて、

『お支払いは・・・現金ですかーっ!!』

『レジャー日和の・・・天気ですかーっ!!』

これも、Youtubeとかで見てください。



司会の誰かが言ってました。

『お笑い世界はどこへ向かうのか。』

なんであれ、見る人を楽しませることができる芸人はすごいです。

今年の流行になるのはどんな芸人なんでしょうね。



桜塚やっくんの、年末年始の出番は1本だったらしい・・・上記3組より少ないぞ

ポチッと応援お願いします


トリビアが嵐のあの番組みたいになっちゃった

ゆうべの「トリビアの泉」を見た人もいるかと思います。

トリビアの種が、


『驚きの嵐!世紀の実験学者も予測不可能SP』

みたいな展開に!

実物大ぺったん人形を作ったり、10m角の空気砲を作ったり・・・

嵐のよりは馬鹿馬鹿しさは無いが、なかなか見ごたえはありました。


中でも、



『バズーカ VS 防弾ガラス』



(こんなの放送して大丈夫なのか?)


と内心思いながら、驚きの結果に感心しました。


某防弾ガラス製作会社 と 某国軍隊のバズーカ砲


どちらも社名(国名)も名前も明かせないという、なんとも生々しい緊迫感。

ただ、某国に関しては、

「ここって、中東とかインドネシアとかどっかその辺じゃないのか?」

と思わせる風貌と言葉。

軍隊マニアなら制服で分かってしまうのでしょうが・・・。

よくこの実験の許可を出したな。

ただ、考えてみればどちらも損はない。

ガラス制作費と弾代がかかるだけだが、こんな実験はそうそうできないもんだろうからな。


勝敗は、

『5センチ防弾ガラス VS バズーカ』

余裕でバズーカ砲貫通。


『10センチ防弾ガラス VS バズーカ』

ヒビは入るものの貫通できず手前で落下。


でした。


1つの実験を除いて、物凄く金がかかった実験ばかり。

上記の実験はいったいどれくらいの費用がかかったんだろ?


おそらくこの実験は、Youtubeとかでアップされるでしょうから、見ておいて損はないですよ。



小さな空気砲は子供に作ってあげると喜ぶだろな

ポチッと応援お願いします

プロフィール

―島D―

Author:―島D―
高知生まれ高知育ち
ISDNからIPSTAR衛星回線へ
山ん中でがんばる農業者

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

MONTHLY

ようこそ、いらっしゃいませ

ジオターゲティング
一言あると嬉しいです

名前:
メール:
件名:
本文:

My Tweet
My Photo
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。