スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新コーナー『よく分かる土佐弁講座』 ~いよいよ最終回!~

前回の更新にコメントが付いてました。



ありがとうございます^^



・・・


・・・・・・






『うちくも』って何?




こんな疑問が出てきたようです。


実は更新した後で、



(もしかして、『うちくも』って意味分からんがやないろうか・・・)



と思い、次回更新で補足しようかなぁと思っていたところでした(笑)。




『うちくも』

これは土佐弁です。

意味は、




『俺んちも』 『私の所も』




という感じです。


『~く』

という表現は、知ってる限りでは高知だけです。


・使用例

A:「ここな家、誰くのがー?」

B:「ああ、そりゃCさんくよ。」

A:「あーこんなくにあったがや。知らざったよ。」

B:「うちくの家より、ざまでこうてえいにゃあ。」



・(多分)標準語訳

A:「ここの家は、誰の家ですか?」

B:「ああ、それはCさんの家よ。」

A:「あーこんな所にあったのか。知らなかったよ。」

B:「私の家より、すごく大きくていいなあ。」



高知に来て、



『うちくにきいやー』



と言われたら、歓迎されてるのかなー、と思ってください^^。





いや~土佐弁って、ほんっとにいいもんですよね^^。

ポチッと応援お願いします

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

―島D―

Author:―島D―
高知生まれ高知育ち
ISDNからIPSTAR衛星回線へ
山ん中でがんばる農業者

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

MONTHLY

ようこそ、いらっしゃいませ

ジオターゲティング
一言あると嬉しいです

名前:
メール:
件名:
本文:

My Tweet
My Photo
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。