スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘビーだってメタルだっていいじゃない!オレ達いつでも上昇志向!

10月7日に発売された、




45°45°
(2009/10/07)
SEX MACHINEGUNS






について^^。


いや~なんか新鮮な感じがしました。

購入まで陰陽座ばっかり聞いてたからかな^^;?

なんていうか、ストレートなメタルサウンドに感動しました。



・全体の第一印象

ツーバス連打多すぎ(笑)


ツーバス連打がこれでもかっていうくらい入ってます。

今までのアルバムにはあんまりなかった傾向です。


さ、WeROCKの個別インタビューを踏まえつつ各曲感想。

ついでにBPM(曲の速さ)を計測してみました。

ちなみに、XJAPANの『X』が176です。


1・ANACONDA
(BPM176)

アナコンダ ナナメ45° 強い男・・・

WeROCK読むまで気付かなかったけど、そっちの意味合いがあるのか(笑)

もちろん上昇志向でいくぞっていう意味合いもあるみたいです^^;

SHINGO☆の掛け合いがいい感じ^^

オープニングの笑い声。

SHINGO☆が収録以外で笑ったのをこっそり録られていたのが採用されたみたいです。

「Yellow Card」のラストの笑い声も偶然の産物だから面白い。


2・部屋とTシャツと親父
(BPM200)

思春期の頃の苦い思い出を歌に乗せてます。

俺のTシャツ勝手に着るなよって歌。

う~ん、俺はそんな思いではないなぁ・・・

『文句があるなら自分で稼ぎなさい』

って言われたら何も言えない出来事ですな(笑)


3・レフリー大暴走(BPM130)

プロレスのレフリーの歌。

プロレス知らんのでよく分かりません(笑)


4・アドレス変更(BPM105)

アルバム『IGNITION』の「圏外なわたし」を思い出した曲。

流行りのアンサーソング?違うか。

別れた末のアドレス変更なのか、鬱陶しいからアドレス変更なのか、

前者かな?


5・TIGER BIKINI(BPM137)

ラムちゃんとラム(羊)ちゃんをかけた歌(笑)

ファンからすりゃふざけた歌だと思います^^;

一緒にするなよっ! って。

雷様か?モンゴルから来たのか?って問いかけっぱなしで終了~。

アルバム『IGNITION』の「フェロモン」のサビのようなツーバスが、全体を通して鳴りっぱなし。

これはかなり凄い。


6・チャーリーママ(BPM172)

誰かの母ちゃんの歌かと思いきや、自転車乗りの母ちゃんの歌。

唯一の3拍子。

ライブではいい感じでのれそう^^


7・CHE
(BPM108)

映画になった「チェ」の歌。

見たこと無いからよく分からん。

『犬神家の一族』の時のように、映画を見たら歌が理解できるかも。


8・DEATH GAME(BPM190)

SHINGO☆がダウンピッキングで弾きぬいているという高速ナンバー。

『Re:Play-Girls』という映画のエンディングテーマ。

このアルバム内では個人的に一押し!

KEN’ICHIは、初めて聞く人達に、

「かっこいい」 ではなく 「何じゃこれは?」

と思ってほしいらしい(笑)

自分は「何じゃこりゃ?」から入った一人。


9・大家さん(BPM200)

聞いた感じよりめちゃ速い曲。

アパートの大家さんは住人の私生活をつぶさに見ているのですね。

昔、俺もこんなに見られてたらちょっと嫌だ(笑)


10・森のくまさん(BPM200)

アルバム内で一番意味が分からん歌(笑)

森のくまさんフランス生まれ♪

ボボボボボンジュール♪


って、よく分からんが勢いは凄い!

『ポン酢あるの?』 『ふとん畳む』 『正月と盆』 『モンブラン』

フランスチックに言うと、ほんとにフランス語っぽく聞こえるからあら不思議(笑)


11・プライド(BPM199)

「CHE」同様、きちっとした歌(笑)

アルバムを通して聞くと、逆に異質に感じる1曲。

最初に浮かんだイメージは、敗北したボクサー。

落ち込んだときに聞くといいかもしれない。

曲の締めはシングル版と違って、ライブの終わり方っぽくなってます。



やはり歌詞がストレートすぎるか意味が分からん。

いい意味で。

コメントに 『(笑)』 が多いな(笑)

反復が多いのは勢いを出す為なのかな。

だとすれば、このアルバムは成功してると思う。

前作ではあまり感じなかった、SHINGO☆とKEN’ICHIの存在感がほんとに大きい。



リーダーであるAnchangはいつでもこういう事を言ってます。

『俺のギターソロは汚い』

『俺達と同じことができるならやってみろ』

『テクニックよりもライブでのパフォーマンス』


初めて雑誌でインタビューを読んだときから、一切変わってません。

その不変さと前向きで勢いがあるところに惚れたから、ずっと好きでいるんだと思います。

今の性格になったのも、彼らのおかげでもありますからね(笑)



ちなみに買ったのはDVD付き版。

通常版には『Heaven & Hell』というボーナストラックが付いてます。

うう・・・聞きたいけど・・・レンタルにしようか・・・。




また武道館ライブ行きたいなぁ・・・。

ポチッと応援お願いします




早く行かないといちごアイス無くなっちゃう!
土佐のふるさと広場 -高知のうまいっ!が大集合-

スポンサーサイト

comment

Secret

ん~CDほしか
年末熱唱でおねがいしますよ。

Re: タイトルなし

magu様>

マシンガンズはキーが高すぎ!

12月19日位を予定中。
プロフィール

―島D―

Author:―島D―
高知生まれ高知育ち
ISDNからIPSTAR衛星回線へ
山ん中でがんばる農業者

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

MONTHLY

ようこそ、いらっしゃいませ

ジオターゲティング
一言あると嬉しいです

名前:
メール:
件名:
本文:

My Tweet
My Photo
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。