スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すき焼きカレーにシチュー

管理人は高知育ちですから、土佐弁を使います。


「~ぜよ」


っていうあの言い方です。

最近では『歌姫』で使われてます。


で、タイトル。

実は土佐弁が絡むと絡まないとでは意味が大きく違ってきます。


・好きだから、好きなので

 →好きやき

・~しています、~しているところです

 →~しちゅう、~しゆう



例えばレストランで、後から来た県外の友人に、

『俺は、好きやきカレーにしちゅう(´ー`)』

といったら、

『はぁ!?一人で3つも食うの(´д`;)?』

と間違いなく思われます。


面白いですよね。


一回では意味がまるで分からないだろうと思う例文

『昨日うちくの前の道を歩きよったらよ、ざまな音が聞こえたが。

 ざんじ行ってみたら、Aさんくの車が事故起こいてへしゃげちゅうが。

 
 「おとーろし!これがたまるか!おまんどういたがな!?」

 「ちくとよそ見してしもうてよ・・・ほいたらこじゃんちがいにぶつけてしもうたわ」


 Aさん病院へ行ったみたいながやけど、今日はどうしゆうろう?大丈夫ながかな?』



標準

『昨日自分の家の前を歩いていたら、でかい音が聞こえたんですよ。

 急いで行ってみたら、Aさんとこの車が事故を起こしてつぶれてた。

 
 「うわ!これはひどい!あなたいったいどうしたんですか!?」

 「ちょっとよそ見してしまって、そしたらすごく強くぶつけてしまいました。」


 Aさん病院へ行ったみたいだけど、今日はどうしてるのかな?大丈夫なのかな?』



という感じになります。

これを聞いた県外の人は、意味不明はもとより、口調から喧嘩しているようにも聞こえるそうです。


神奈川にいた頃は、標準語への変換に苦労しながら話してました(笑)。

「そんながいにしたらいかん」

「・・・?がい?」

「あ、え~・・・と・・・乱暴にとかそんな意味かな?」

脳内変換に時間がかかって会話が止まったことも度々。


方言って面白い。

でも情報手段の進化で廃れていってしまってるのが少し哀しい。

『ざま』なんて山から下りて町へ行ったらほとんど聞きませんから。

時代の流れでいつか無くなってしまうかもしれんけど、伝えることも大事やと思います。



方言を使う事は恥ずかしい事じゃないがぜ!

ポチッと応援お願いします

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

―島D―

Author:―島D―
高知生まれ高知育ち
ISDNからIPSTAR衛星回線へ
山ん中でがんばる農業者

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

MONTHLY

ようこそ、いらっしゃいませ

ジオターゲティング
一言あると嬉しいです

名前:
メール:
件名:
本文:

My Tweet
My Photo
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。