スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

An Inconvenient Truth

人・地域・国

それぞれには知られると面倒くさい事象が存在する。

それが、

An Inconvenient Truth

『不都合な真実』


先日この映画を見ました。


元アメリカ副大統領のアル・ゴア氏の地球温暖化に関する講演の映画。


氷河や凍土の融解、砂漠化、洪水、ハリケーン・・・etc

どれも既に知っていたことなんですが、データをもとに解説していかれると、それがものすごく真実味を帯びてきました。


ブッシュ大統領は温暖化については否定的というか聞く耳もたず。

『ブッシュ政権が「地球温暖化など単なる学問上の仮説で、現実にはそんなことは全く起きていない!」という公式見解を出して温暖化を否定し続け、国内のメディアもほとんどがそれに追従してきた』


この映画で温暖化の事実を知った人も多いという。

まぁ京都議定書を、自己利益のために抜けるような国、もとい大統領ですからね。

本人は政権維持のための戦争に命かけてますから・・・。


この映画の内容については結構賛否両論があるらしく、

『データの誇大化だ!』

否定的な意見も。

昔耳にした同意見で、

『地球は氷河期に向かっているから温暖化は丁度いい』

なんてものもあった気がします。




管理人はですね、ゴア氏含め世界の著名な人達が賛否を唱えてますが、



少なくとも子供の頃よりは暖かくなっている



と思います。


以前書いたように、冬の最低気温が上がってきています。

もしくは、0℃を下回る日が少なくなった気がします。

去年『猛暑日』が設定されたように、夏の暑さも違ってる気がします。

気がするというのは、子供の頃の記憶だから。



しかし両親の話を聞いてると、やっぱり全体的に気温が上がっているようです。

去年の夏は、熱さで作物にダメージを与えられ、寒くならないので害虫にダメージを与えられえらい事になりました。

昨年12月中旬にはキャベツに青虫

昔は、春先にトラクターで畑を叩いたら、凍土に当たってガンガン音がしてたとか。

雨と晴の間隔がおかしく、ザーっと降ってからっと晴れる、いわゆる『乾期と雨期』状態になってきた。

地元の高校前の浜。昔は野球ができる位広かったのに、今はそれを想像することすら出来ません。



地球環境は人類全体の課題なんですが、どうしても『自己利益』『国家格差』が邪魔して思うようにはならないようです。




中国とアメリカはいうまでもなく『自己利益』ですがね。





世界から見た日本はどうなんでしょうね・・・

ポチッと応援お願いします

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

―島D―

Author:―島D―
高知生まれ高知育ち
ISDNからIPSTAR衛星回線へ
山ん中でがんばる農業者

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

MONTHLY

ようこそ、いらっしゃいませ

ジオターゲティング
一言あると嬉しいです

名前:
メール:
件名:
本文:

My Tweet
My Photo
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。