スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firefly

今年も『蛍』の季節がきました。

近くの川原では10匹程飛んでいました。


町へ下っていく川沿いにも数匹。




う~ん、今年も少ないなあ・・・。



時期が悪いのかもしれませんが、近年減少傾向にあります。

特に「高専~社会人」の10年の間に、瞬く間に減った気がします。

子供の頃見た群れは、それこそ


『宝石箱をひっくり返したような』


どこに焦点を合わせていいのか分からないぐらいいたものです。



少なくなった要因は、ここで考えられる限り、


1・水質汚濁

2・山の保水力低下

3・餌の現象



やろうなぁと、父らと話します。


1と3は関連性はあります。

ただ、子供の頃より上流の世帯数が減少したのに水質汚濁ってどうながやろ?

家庭排水は圧倒的に減ってるはずです。

田んぼの農薬も減ってはいるはずなんですが・・・種類かなぁ?


となると『2』ですが、

まとまった雨が降ると、茶色の濁流となってすぐ増水。

翌日には普段通りになっていました。

それが頻繁に起こると、幼虫も餌のカワニナも留まる事ができません。

子供の頃は、たとえ台風が来ても、めったに泥水にはならず何日もかけてちょっと増水。

幼虫も何もかも流れてしまったのかもしれませんね。



ただ、これに関しては良いことがありまして、

ここ2年くらいで、上流の間伐作業が行われました。

結構な量だったと思います。


そしたらどうでしょう、

川の流れ方が一変しました。

子供の頃のように濁流にならなくなりました。

支流の終点付近も干上がる事が少なくなった気がします。



この状態が維持できれば、数年後にはまた蛍乱舞が見えるかもしれません^^。






蛍をむやみに放流すると遺伝子汚染が起こるそうです(´д`)。

ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

―島D―

Author:―島D―
高知生まれ高知育ち
ISDNからIPSTAR衛星回線へ
山ん中でがんばる農業者

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

MONTHLY

ようこそ、いらっしゃいませ

ジオターゲティング
一言あると嬉しいです

名前:
メール:
件名:
本文:

My Tweet
My Photo
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。