スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーナム

バイエルって何だろう?

物凄く今更ながら調べてみました。

ピアノ教室とか行くとまずこれから入る

というようなイメージでしたが・・・


その通りでした^^;


3日ほど前、ピアノに関したブログを見ていたら、



『同じ音を連続して弾くときは、同じ指ではなく隣の指で連打します』



という記述を見ました。



(えっ?そうなの?)



独学だとこういう穴があったりするのかという思いと、

このままじゃだめかな?

という思い。



ということで!

バイエル・もしくは何かしら教本を探してみる事に。


さすが愛宕のOPUSは品揃えがいい^^。

品揃えが良すぎて、全て見るのにやたら時間がかかりました。


バイエルはほとんどが子供向けで、「みぎてひだりて」ほぼ平仮名でした。

ちょっと買うのが引けてしまう・・・。

そんな中目に留まったのが、

バーナムピアノテクニック(2)バーナムピアノテクニック(2)
(2007/10/24)
エドナ メイ バーナム




バイエルのように一曲一曲は短い。

違うのが、各々に日常動作の題名とイラストが付いてる事。





起きる・歯を磨く・歩く・走る・駆け下りる・跳ぶ・・・

日常行うであろう行動を音で表すとこうなりますよという、

明らかに子供向けなのだが、これならやってて面白いかも。

ということで購入。


指番号をふってくれているので運指の学習にもなる。

この本の最後ら辺は、右手と左手が交差しながら16ビートで駆け上がるというハイレベルな楽譜。

子供なら1ヶ月くらいでいけるのかなぁ?




電子じゃないサイレントピアノが欲しい・・・
ポチッと応援お願いします

ギター譜 → ピアノ譜

2曲目の

 『ギター譜からピアノ譜』

に挑戦してみようかなと。


一曲目は、「う~み」さんの「ふるさと東川」という超マイナーな、でもここらじゃメジャーな曲。

夏の地元の小さなイベントでピアノ伴奏を弾かせて頂きました。

その時なんと楽譜が無かったので、ピアノが嫌になるくらい聞き込んで、ピアノの音とアルペジオで流れるギターの音を拾い集めて、伴奏曲に仕上げました。

あのとき初めて、



ピアノなんてやってられるかーっ!


って気分になりましたね^^;。

でも完成(?)して一安心。


今回は、DEPAPEPE

『シュプール』

をやってみようかな~と。

・メロディー部は単音が多く、そのままピアノ譜にしても指が離れすぎないかなと。

・伴奏部は主にコードの進行なので、なんとかなると(´ー`)

・「#」「♭」がないから楽だろうと(爆

早速2日くらい前にとりかかったんですが、ギター譜には無いストリングスの音を入れてたとき、

(おかしい・・・音が合わん・・・なんでこの音は「ミ♭」ながやろ・・・)


重大な見落としを発見!!

ギター譜には

Capo:3f

という表記が。

capoとは「カポタスト」のことで、アコギを弾くアーティストがギターのフレットにつけてるあれです。

1フレットに付ければ、「ド」は「ド#」というように、キーが一つ上がります。

つまり「Capo:3f」は3つキーが上がり、

ドレミファソラシ
   
   ↓

ミ♭ファソラ♭シ♭ドレミ♭

になるわけです。


まぁそういう難しい理論はさておき、

弾くときちょっと難しくなりました。

というか、譜面の変更作業がめんどい・・・。




でもそんなの関係ねぇ




急いだってできやしません。

期限があるわけじゃないので、まぁ気楽にすこしずつ、ね。



前奏の伴奏がなかなか気持ちがいい

ポチッと応援お願いします

独学のピアノ練習法

ちょっとマニアックなゲーム。


『東方●●●』


というタイトルでシリーズ化されているシューティングゲームだ。

ジャンルは『弾幕』。

友人から「まぁやってみ」と渡されたが、レベルの高さに断念^^;。

しかし、サウンドがピアノを基調としたものだった。

弾幕STという目まぐるしい中、ゆったりと、時に激しく奏でられる音に感動しました。

ゲーム内容よりも音楽的にHIT。

個人製作でここまでクオリティが高い曲が作れるのかと思うと、作曲者に敬意を表します


ざっと聞いて、いくつか楽譜を探し、その中で弾きやすそうな曲を検索。




『ブクレシュティの人形師』


前回紹介したような音符の配置・流れ。





『これが弾けたらとりあえずLVUPだろう』




勝手にそう思って練習開始。

・・・


・・・・・・・・







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪









|| ●| ̄|_






もうね、指が思うように動かなくてすっごいいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらする。


1章節まともに進まない。

これでは駄目だと、練習法をネット検索。





『まず片手だけ覚えるまで練習、
           
      そしてもう片手だけ同じく練習

             最後に同時にやるといい』


という回答を発見。

練習中はもう片方の手のメロディーを思い浮かべながらやるともっと良さそうだ。

あんまりいっぺんにやると、いらいらでやるのが嫌になってしまいそうだったので(笑)、


20~30分 / 日

を欠かさず続けるようにした。

10日経ち、20日経ち、一向に両手は言う事を聞いてくれない。








(ほんまに弾けるようになるかな?)







と、自分に疑心暗鬼になりながらおよそ1ヶ月。









おっ!?


♪♪


おおっ!?





♪♪♪~~



できたっ!







弾けた――――――――――――――っ!!





継続は力なりとはよく言ったもので、1ヶ月にして両手がそことなく思うように動くようになりました。

教室レベルでは遅いのかもしれませんが、






俺LVUP





それを足がかりに続け、いまや鍵盤を見ずに華麗に弾けるように













なってませんが









まだまだ、暗譜するまで弾き込まないとできません。

というかプロは暗譜してるんだろうな。


ものすごくゆっくりだけど、弾く事が嫌にならない程度に楽しんでます。

これって重要やと思う。

嫌なものを無理にしようったって無理だし、続くはずもないし。

ほんとはバイエルとか基本からやったほうがいいのかもしれん。

しかし、ギターもそうだったけど自分の弾きたいものを一生懸命練習するのは楽しいし、

そのほうが自然と技術もついてくると思う。

まぁ、机上の技術よりも教室の技術の方がいいんでしょうけど・・・。


あとは 根気

ガッツですよガッツ。

三日坊主で終わらない気合が必要です。

毎日1分でも2分でも弾いてれば、いつか実になります。



ピアノを練習されている方、弾く事を楽しんで弾きましょう



当たり前だけど続ける事が大事(楽しんでね)。

よろしければクリックどうぞ。

独学で続けるピアノの事

管理人はピアノを弾くのが好きです。




クラシック一つ弾けませんがね





教室に通った事もなく、かといって小さい頃からやっていたわけではありませn。

10月11日
を見てくれれば分かりますが、ギターの次にピアノという妙な流れです。

ここで少し、完全自己流の練習方法を紹介します。



買ったばかりの時のピアノの腕前。

ギターをやっていたおかげで譜面はおおよそ読める。

音符は『ソ』と『下のファ』を基準に、



「ソラシドレミファソ・・・」

「ファミレドシラソファ・・・」



ってな感じで、ゆっくりではあるが読める。


だが肝心の指使いがてんで分からんかった^^;。

最初、YOSHIKIに惹かれていたので、





というのを買ってみた。

・・・


・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





難っ!!






全く手が動きません


これはめった(困った)。


左右の指が全く同じ動きをしてしまってにっちもさっちもいかん。



(う~む、初心者ってこんなもんなんかな~?)


なんにせよ、まず両手がばらばらに動く事が先決かなと。

そのためにはどうしたらいいのか、ちょっと考えました。

結論


『右も左も同じ音符で表記されてるような譜面をさがそう』


意味分かりますかね?

右手が1章節あたり8分音符が8つ並んでいるなら、左も同じように並んでいるような譜面。

右:♪♪♪♪♪♪♪♪♪

左:♪♪♪♪♪♪♪♪♪

音は当然違います。

付点音符や小さい休符がたくさんあるXJAPANを弾くにはまずこれだ。



でもそんな譜面があるのかと思いますよね?

・・・ありましたよ、奥さん(ぇ。

ちょっとマニアックなゲームのピアノアレンジが丁度そんな感じでした。

それについてはまた次回。




ピアノって癒されますよねv

よろしければクリックどうぞ。

ピアノのこと

本日は趣味のひとつであるピアノについてのお話。
ギターの次に始めたのだが、ギターはまた今度で。


みなさんは マリオピアノ を知っているだろうか。


ファミコン世代ならば必ず知っている


チャラッチャラッチャ♪

もしくは

テレッテレッテ♪

という感じのあれだ。


ピアノ購入を考えているときに、たまたま目にしたこの動画。

かなり衝撃的でした。

ピアノってこんなこともできるのか!?

なんかその楽譜も手に入ったし、やってみるしかないやろ

という事があって購入。

クラシックが弾きたいっって弾き始めた方にはなんか申し訳ない気分なんですが、何かを始める理由なんて千差万別ですよ^^。

まぁ結局難しすぎて挫折したんですが(笑)。

それでもピアノは面白いと感じ始めたので、長々と続いています。


上達は物凄く遅いけど!


でもいつか、ヘビーメタルをピアノアレンジしてみたいという儚い願望があります。
XJAPANのバラード以外もピアノにするときっといい曲やと思うんですよ。『』とかね。

ちなみにヘビメタでは以下がお気に入り。そのうち紹介していきたいと思ってます。


・SEXMACHINEGUNS

・陰陽座

・聖飢魔Ⅱ

・ガルネリウス

・SONATA ARCTICA

・HELLOWEEN



見てくれてありがとう。

よろしければクリックどうぞ。

プロフィール

―島D―

Author:―島D―
高知生まれ高知育ち
ISDNからIPSTAR衛星回線へ
山ん中でがんばる農業者

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

MONTHLY

ようこそ、いらっしゃいませ

ジオターゲティング
一言あると嬉しいです

名前:
メール:
件名:
本文:

My Tweet
My Photo
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。