スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターのこと2

先日に引き続きギターの事です。

XJAPANを知ってほどなく、妹の友人から 『MADE IN JAPAN』 というアルバムを渡されました。



(・・・・・・・SEXMACHINEGUNS・・・?)




(・・・・・・・セックスマシンガンズ、聞いたことないなぁ)





とりあえず聞いてみることに。











なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?









歌詞がおもしろいなあと聞いていたのですが、ギターソロで鳥肌

XJAPANとは全然違う奏法。

後にそれが、「ハンマリング・プリング」「スウィープ」というテクニックという事がわかりました。

文字のイメージで表すなら、XJAPANのソロは、


| ̄|_| ̄|_| ̄|_


SEXMACHINEGUNSは、


~~~~~~~~~~~



という感じかな(分かりずらい^^;)



音が流れるように、うねるように、切れ目なく連続して聞こえて、尚且つ速い。



2曲目にしてもう


同じアルバムをすぐさま見つけました。

中古でね。

今では市販された全メディア(CD・DVD)を持っているかと思います。

彼らのギターコピーは茨の道でした。
XJAPANのおかげでで16ビートの刻みはできるんですが、高速のソロはついていけませでした。

しかし、練習開始当時は

(AmericanZ(曲名)が弾けるようになれたらいいなぁ)

程度だったのに、ずっとやってると80%くらい弾けるようになってました。

毎日の練習の積み重ねってこういうことを言うんですね。


それでも、なんかやり続ける事に疲れと限界を感じてきた頃、

DEPAPEPE

というアコースティックギターデュオと出会いました。

その話はまた次回ということで。




見てくれてありがとう。

よろしければクリックどうぞ。


ギターのこと1

今日はギターですね。

そもそもギターなんて中学を卒業するまで全くといっていいほど興味0でした。
ギターとベースの区別もついてなかったからな~。

で、何がきっかけだったかというと







GLAY






『口唇』で大ブレイクしましたよね(俺の中では)。
そのとき初めて、

「ギターってかっこえいやんか~」

と思ったわけです。

安物のエレキでGLAYを始め、そのときのビジュアル系バンドの音楽を色々練習しました。

ステージに立ったりはしませんでしたが・・・。。


時は流れ『XJAPAN』が解散した後の話。
音楽雑誌に彼らの 『I’LL KILL YOU』 のスコアが載っていました。









なんじゃこりゃっ!?








目がいったのはドラム譜のバス部分。
音符がずら~~~~~っと一直線に並んでる。



…え?これどういう意味?



よくよく眺めると、ギターもベースもおんなじ。
音符が所狭しと並んでいる。


それが気になって気になって、しばらくして 『VANISHING VISION』を手に入れました。

中古でね。

そして、










うおおおおおおおおおおっ!?








圧倒されました。鳥肌立ちました。
世の中にはこんな曲があるのか!

それからもうどっぷり。
XJAPANのCDを集めました。



中古でね。

曲を練習するために、半音下げチューニングができるチューナーを買ったり、ちょっとえいアンプを買うたりしたなぁ。

ステージに立ったりはしませんでしたが…
その頃はハイスタとかああいう感じが流行ってなかったかな?周りからXJAPANの声すら聞きませんでした;_;。


その出来事から約3年。
今度は SEXMACHINEGUNS というヘビーメタルバンドに出会うわけですが、そのお話はまた次回。


見てくれてありがとう。

よろしければクリックどうぞ。


プロフィール

―島D―

Author:―島D―
高知生まれ高知育ち
ISDNからIPSTAR衛星回線へ
山ん中でがんばる農業者

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

MONTHLY

ようこそ、いらっしゃいませ

ジオターゲティング
一言あると嬉しいです

名前:
メール:
件名:
本文:

My Tweet
My Photo
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。